注意すること

今、たくさんの人が矯正をしているのをよく目にします。 その分矯正歯科も多くなってきています。 たくさんの矯正歯科の中から、自分に合ったまた納得のいく治療をしてくれる病院をさがすことが一番大切だと思います。 また、矯正が始まってからも注意することが多々あります。 先生に説明でいわれると思いますが、固いものをたべない、飴ガムもだめですし、おもちもだめです。 これらは装置がとれてしまう可能性があるためです。 装置がとれてしまうとまた装置をつける作業が必要になるので、治療期間が延びてしまいます。 また歯磨きも細かく丁寧に行う必要があります。 そうしないと、装置がついているので磨き残しがでてきてしまい虫歯になりやすいのです。 先生にいわれたことはよく注意をはらいながら行っていかなくてはなりません。

矯正をするにあたり、装置をつけるとだれもがみな経験するのが痛みです。 私は最初、パンも食べるのに苦労したほどつらかったです。 また矯正人口が多くなっているとはいえ、まわりに矯正をしている人はいなかったため、いつまでこんなに痛みが続くのか、少し不安がありました。 しかし、そんな時に矯正をしている方のブログを発見しました。 そしてブログを読んで安心したのです。 やはりみんな最初はすごく痛かったんだということがわかったり、治療の経過も載せてくれていたので、これからおこなう治療のイメージができました。 ブログを見て私の気持ちはとても楽になったのです。 自分が疑問に思うことも、ブログをみているとみな同じ経過をたどっているから大丈夫と安心感が持てました。 ぜひみなさんにも、いろんな方のブログをみてほしいと思いました。